無料〜格安で心理カウンセリングを受ける方法

The following two tabs change content below.

gakincho

大人の発達障害(ADHD、アスペルガー)当事者の、大学院生です。見た目も精神的にも、がきんちょです。

カウンセリングって、高いですよね・・・

うつ病や発達障害でお悩みの皆さんにとって、利用したいと思っても、健康保険が使えずなかなか気軽に利用できない心理カウンセリング。私も何度か利用したことがあります。料金は高いけど、悩みを聞いて客観的にアドバイスしてもらえるカウンセリングっていいですよね。

 

今週、私が3回もカウンセリングを利用できた理由

私は発達障害と診断されてから、うつの症状はだいぶ改善しましたが、最近、元夫との間でちょっとトラブルがあり、差別的発言のショックもあって、少しうつっぽくなってしまいました。
身近に相談できる人がいなくて、どう対応すればいいかわからず、絶望的考えばかりが浮かんできて、号泣する日々。
ADHDの私は、普段衝動的になることはほとんどないのですが、精神的に追いつめられた時にだけ、衝動的に行動してしまいそうになります。
今回、そんな気持ちを抑えて、慎重に行動しトラブルに対応することができたのは、現在通っている就労移行支援事業所で、臨床心理士のスタッフさんに相談しアドバイスを頂けたおかげです。本当に感謝しています。

 

就労移行支援事業所を利用する意外なメリット

就労移行支援事業所とは、障害者向けに、就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練、就労に関する相談や支援を行う施設です。
精神障害者を対象とした就労移行支援事業所(リエンゲージメントやKaienなど)は、平日昼間の就労支援プログラムの中で、専門のスタッフさんに安心して相談できる体制が整っています。
追加料金は不要で、前年度の収入に応じたプログラムの利用料金(無料〜月額上限9,300円)のみで、何度でもカウンセリングを利用できます。障害者手帳がなくても、精神障害の診断を受けていれば利用できます。
一人でお悩みの方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

発達障害者を対象とした主な就労移行支援事業所

リエンゲージメント
Kaien

 

就労移行支援事業所の解説はこちら。お近くの事業所の検索もできますよ。

就労移行支援 – WAM NET(ワムネット)
障害福祉サービス事業所検索 – WAM NET(ワムネット)

この記事を書いた人

gakincho
大人の発達障害(ADHD、アスペルガー)当事者の、大学院生です。見た目も精神的にも、がきんちょです。