インフルエンザと他動とヘッドギアと

The following two tabs change content below.
くらげ

くらげ

聴覚障害者30年やってたらなぜか発達障害の彼女ができました。現在その彼女と同棲中。そんなことしてたらなぜか学研から「ボクの彼女は発達障害」(http://www.amazon.co.jp/dp/4054057063)を発行しました。彼女を通して発達障害について考えたことをつらつらとゆるく語っていきます。

Challenged読者の皆様、あけましておめでとうございます。

 

発達障害の彼女である「あお」と同棲生活を送る聴覚障害者「くらげ」です。

ゆるく生温かく「あお」を観察しながら、聴覚障害の私というフィルターを通して考えたことなどをつらつらとChallengedに投稿しています。

かといって、常にあおが発達障害について発見をもたらすかというとそうでもないので、今回は年末のあおの状態をレポートしたいと思います。

テキトーに読んでいただけると幸いです。

■インフルエンザで倒れたクリスマス・誕生日

いきなりですが、あおは12月24日から、インフルエンザに罹患していました。私は仕事納めが23日でしたので、冬季休暇の初っ端からあおの看病に駆け巡っておりました。

発達障害が云々の前に、インフルエンザの症状で苦しんでおりましたが、なんとか発熱は2日で収まりました。

しかし、クリスマス・誕生日(12月26日)を家でじっとしておらねばならず、会社の忘年会も参加できなかったーと嘆いております。

一方、私もクリスマスプレゼント・誕生日プレゼントを悩んでおりました。

というものも、あおへのプレゼントは基本的に自分で選んでもらっています。

あおはこだわりというか、自分へのルールが厳しく、そのルールの全貌を私も全部は捕まえておりませぬ。

故に、こちらが良かれと思って選んだものが、あおの感覚やルールに違反していると、何があっても使ってくれません。それは悲しいので、自分で選んでもらうようにしています。

しかし、今年は流石にインフルエンザで買い物にも行けず、食える飯も限られるという状態で色々頭を悩ましていました。

食事については、ツイッターで胃に優しく華やかなものを教えてもらって作れたのですが、プレゼントについてはどうしようもなくて、インフルエンザの潜伏期間明けに靴を買いに行ってプレゼント出来たという次第です。

これはあおの発達障害と直接関係あるのかなー、俺が選ぶのプレゼントを選ぶのが下手なのかなーと悩んでいるのですが、まぁ、あおもサプライズよりも自分の目で確かめたモノを手に入れるのが一番のようなので、これはこれで。

ところで、あおの会社からあおにプレゼントが郵送されてきたのですが、その中で一番あおが喜んだのが「クロネコヤマト専用の軍手」という謎アイテムでした。

本当にこいつの好みは謎です。

■他動とヘッドギアと

で、24日から29日まで家に閉じこもっていたあおですが、病気と日頃の疲れで、1日18時間は寝てたんじゃないか、と思うくらいに寝ていました。

その間、私はあおの精神科や耳鼻科(あおはメニエールもあります)の薬を代理人として取りに行ったり、荷物を取りに行ったりという結構多忙な日々を送っておりました。

しかし、後半からはさすがにあおも暇なようで、多動傾向が強く出てきていました。

部屋をウロウロ行ったり来たりしたり、意味もなくこたつの周りをグルグル回ったり・・・と、結構動きがうるさいのです。

私も結構書物などで忙しいので、あおの行動を横目で見つつ、人工内耳を取り外して作業に集中しています(苦笑)

まぁ、危ない時は止めるので、わりかし高頻度で振り返って安全確認とかするわけですけど、外出時に他動が出ると「部屋の中でコケた」というラインが届いたりするわけですよ。

さすがに「大丈夫か?」と思うわけですが、そこはコケることに関してはプロのあおでございます。「ちゃんとヘッドギアをつけてウロウロしてたから問題ない!」と力強く回答がありました、

ヘッドギアとはなんぞや、という方も多いでしょうが、簡単にいえば、頭を衝撃から守る帽子みたいなものです。

だいたい、ラグビーでかぶっているヘルメットや、ボクシングのヘッドギアのようなものと思っていただければ。(なお、あおが使っているヘットギアはこれです)

あおは他動の他に、メニエールで突発的なめまいで倒れたりすることがあります。また、夜中に夢遊病的な動きをして頭をぶつけることがあります。

そのような前兆があるときは、ヘッドギアを装着し、頭を怪我しないようにしています。

ちょっと高いですがあおは「このくらいで頭守れたら安いものだよね」と言っています。

最近のヘッドギアはかなりデザインも洗練され、一見したら普通の帽子と変わらないものが出ていますから、転倒しやすい方には一度ご利用を検討することをお勧めですよ。

なお、今回はもろにおでこをこたつの角でぶつけたようですが、ヘッドギアをつけていたため、特に怪我はありませんでした。ヘッドギアすげぇ!

というところで、年末のレポート終わり。

ヘッドギアについては、あおが相談に乗ってくれるようなので、興味ある方はご連絡ください。

では、今年もよろしくお願い致します。

この記事を書いた人

くらげ
くらげ
聴覚障害者30年やってたらなぜか発達障害の彼女ができました。現在その彼女と同棲中。そんなことしてたらなぜか学研から「ボクの彼女は発達障害」(http://www.amazon.co.jp/dp/4054057063)を発行しました。彼女を通して発達障害について考えたことをつらつらとゆるく語っていきます。